在庫管理で需要の見極め


在庫管理のやり方を考えよう

在庫管理で需要の見極め

在庫管理で需要の見極め 在庫管理はビジネスの基本であり、これは実際のお店でもネットショップでも変わりません。むしろ多種多様な商品を大量に取り扱うネットショップの方が徹底した管理をしなければなりません。
実際はバックヤードに豊富な在庫があるのに、スタッフの認識不足で在庫なしと誤解されていては顧客の注文をキャンセルしたり、新規に同じ商品を大量発注するなど、現場で大きなチャンスロスと無駄なコストが発生します。
そして在庫管理を徹底する事で需要を正しく見極められるため、人気商品はあらかじめ大量に発注をかけておいたり、反対に季節によって販売数が変動する商品は仕入れを見送ったり、ごくわずかだけ発注するなど、リアルタイムで商品の数や売り上げを管理しておけば、ネットショップの運営がとても合理的になります。
需要が多い商品が客観的に分かれば、それに合わせてネットショップの方向性を改善できますし、顧客の属性や行動パターンも読み解くことができ、経営戦略の再構築が捗るでしょう。

複数のネットショップ間で情報共有、在庫管理はIT活用で

複数のネットショップ間で情報共有、在庫管理はIT活用で ネット上には、個人でも気軽に出店できるモール型のショッピングサイトがあります。
以前にも増して沢山のサイトが普及し、ネットショップを複数のモールに出店なさるオーナーの方々も増えてきました。複数のお店を、ショッピングサイトごとに設けた方が集客力が上がり、顧客からの発注数も安定するのがメリットです。
一方で複数のネットショップを出店していると、在庫管理がシビアになります。在庫の状況を複数店舗の間で、常に共有しておかなければトラブルのもとです。
同じ商品を複数のショッピングサイトに登録している場合、一つのお店で注文を受けた時点で、他サイトの画面から在庫数が減るように仕組みづくりをしなければなりません。
そのためには、在庫管理をクラウド化したり現場に専用のパソコンソフトを導入するなど、時代に合った改善策が必要です。
また実際のお店とネットショップの在庫を実質的に共有している場合も、そういった処置が必要であり、現実とネットショップの在庫数がズレると顧客の注文をキャンセルしたり、発送が遅れる等して信用力の低下を誘発しかねません。


Copyright 2019 在庫管理のやり方を考えよう All Rights Reserved.